自分の親戚に、同じ失敗を繰り返し、「もう二度と同じ失敗はしないぞ」と誓ったのに、気づくとまた同じような失敗をしている人がいます。(仮にRさんとします)
それも2度3度ではなく延々とです。
なぜRさんは同じ失敗を繰り返すのでしょうか。

ポジティブを好みネガティブを嫌う

まず人の話は聞きません、これは鉄板です。
聞いたとしても、ポジティブな面だけしか聞かず、ネガティブな面は受け付けません。

次に、失敗したことを本当に忘れます
見てる方からすれば「おいおいまた同じことやってるよ」と思っても、本人はまったく気づいてません。ポジティブしか好まず、ネガティブを嫌うのですから、失敗というネガティブも当然嫌いなのでそうなります。
そして、失敗するまでの道順さえ忘れ、失敗したときをそのままトレースするかのようにまた失敗します。
ようするにポジティブ病です。

Rさんのような人は素直じゃない人が多いので、自分の考えが絶対で他人の忠告はまず聞きません
自信家でポジティブ、失敗を恐れず前に進む・・・すごくいい性格なのですが、反面、失敗したことを軽く考えすぎて、失敗の道程すらも受け入れきれず、また同じ失敗をすることが多いようです。加えて頑固だとなおさら。

しかし、Rさんもそうですが、この系統の人は大成功を収める人も多いとか。

病名でいうと自己愛性人格障害に近いものがあるようですが、ワンマン社長に多いようです。

失敗を恐れないから成功する・・・、失敗を忘れるから失敗する・・・。

うーん、ちょっと特殊な人の例でしたが最後に。
いろいろなスポーツの先生に訊くと、失敗しない人・向上する人は素直な人、だそうです。

それでは。