妻にブログ書きの方法をレッスンをしてから一ヶ月以上経つ。その楽しさに狂ったようで、他のことがおろそかになっているくらい(笑)。

頑張って書いている成果が出たのか、このごろはそのジャンルの人気記事のトップになったりで、日毎のアクセス数に関しても私を超えることもしばしばだ。ものの2ヶ月もしないうちに師匠の私のブログを超えられてしまった。読者の観点で考えてみれば、ブログ数ヶ月の人と、数年経験している人とで、コンテンツにその差での大きな変わりがあるわけではない。その良い状態を維持できるかが、今後の鍵になると考えられる。

先達が試行錯誤で獲得した知識やノウハウが理解しやすいような形にて共有されていれば、後発者はそれらを要領良く吸収できるので有利である。私が学生の頃は、教師に対して反抗的であったから、今思うと、いろいろと損をしたと大人になって思う。それは対教師にだけとは限らない。職場の上司や、親まで、同じような関係のあるところには、同様なことが言えるのだ。

師匠を超えるということは、(中には潰しにかかる人もいようが)師匠の側からしては良く育ってくれたという満足感がある。教わる側の学生や部下、そして子にも親を超えて欲しいものだと私は思っている。

http://www.flickr.com/photos/24688530@N05/5440377935

photo by bujiie

 

*** アマドコロ 5日目。 全体写真を載せるが、現在で◯部分の新芽が計7つ出ている。最大ので 6cmくらい。骨あるいは虫みたいに見えるキモいのは、根が飛び出ているのである(笑)

f:id:Miketoy:20140409064454j:plain