ブログのタイトルは、他者からの第一印象だから重要だ。最近の私のプログエントリーのタイトルを記して、その内容がポジティブ傾向なら◎、ネガティブ傾向ならX、中立なら△を記してみることにした。すると次のようになる。

 
最も楽しい季節    ◎ 
悲しい季節          X
ブログ書きを辞める時  X
不愉快な冷房車両           X
ミスはコスト高・・        X
・・14年は見えない       X
半沢直樹 終わった!       X
統計学は最強?                △
・というつまらない人間   X
 
これを第三者的評とすることで、はたと気づいた。何とネガティブブログなのだろうかと(笑)。私の根っこにある批判的思考が、ブログエントリーに顕われているのだろうか。
昨日は◎傾向だったから下図の赤の範囲で比較的多い。一方、その前日は青の範囲でタイトルも写真もクラいネガティブものだ。だから時間別アクセスを見てわかるように、その間のアクセスは少ない。

f:id:Miketoy:20130930055312j:plain

人々は、わざわざ嫌な気分になるために、他人のブログを見ないだろう(笑)。明るいメッセージで明るくなるか、お役立ち情報を探しているかどちらかだろう。写真の要素も、見る気にさせるか否かで重要だ。仮説をたてると、「タイトルや写真が前向きな内容であると、アクセスは上昇する。逆だと下降する」という、あたりまえのようなこと。今後はデータを集めた上で、本当にそうかを検証していきたい。(今回のエントリーは「中立」のつもりである。)